秋田物産.comスタッフぶろぐ

st2445.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:きのこ( 35 )


2013年 11月 07日

今年のナメコ

 今年のマイタケは豊作でしたが、ナメコは
どうかということで11月2日に採りにいきました。

結果、昨年に比べて今年はあまり採れませんでした。

ナメコは木が倒れてから2,3年で出てきますが、
出てきて2年目ぐらいがピークでこの後だんだん
少なくなって最後は腐ってしまいます。

写真左は採りはじめてから4年目の木で
2年目に10kgぐらい採れましたが今は殆ど
付いていません。

天然のナメコは味噌汁、トン汁、醤油で煮て
食べますが味が濃く、歯ごたえも十分です。c0219482_7432159.jpgc0219482_7433774.jpg
[PR]

by akitabussan | 2013-11-07 07:47 | きのこ
2013年 10月 10日

今年のマイタケ(2)

 今年は、豊作といわれたマイタケもそろそろ
終わりになりました。

写真は、5kgの大きなマイタケで、このぐらいになる
には、約2週間ぐらいかかると思います。(写真右)

小さいものは残して来ますが、大体は後で入った
人に採られてしまっています。

このマイタケの生える場所は、殆ど人が入らない
ような場所で3年目に生えたものです。

マイタケは毎年生えるもの、2年に1回生えるもの
などありますが、殆どが2年に1回のものが多く
中には5年に1回というのもあります。

香り、味はもちろん栽培のものとは違います。c0219482_11411388.jpgc0219482_11412740.jpg
[PR]

by akitabussan | 2013-10-10 11:42 | きのこ
2013年 10月 05日

今年のキノコ

 今年は、マイタケが豊富と言われていましたが
そのとおりで今回は、15kgほど採りました。

前回は、シロフと呼ばれるシロマイタケでしたが
今回は、クロフと呼ばれるクロマイタケが採れました。

シロマイタケは、1kg約3,4千円ですが、クロマイタケ
は約6,7千円ぐらいします。

クロマイタケはシロマイタケに比べ歯ごたえが抜群で
身も硬くなかなか形が崩れません。

天ぷら、きりたんぽなどで食べると最高です。

もう一枚の写真は、カノガと呼ばれるブナハリタケ
ですが、これも香りが独特で側まで来ると直ぐわかります。

これはめんつゆなどで煮て食べるとまた違う香りと食感が
味わえます。c0219482_1484878.jpgc0219482_149177.jpg
[PR]

by akitabussan | 2013-10-05 14:10 | きのこ
2013年 09月 26日

今年のキノコ

そろそろキノコのシーズンになってきました。

今年は、急に寒くなったせいかマイタケは
早くも出回っています。

毎年、採る場所に行ってみると白マイタケ
(シロフ)が4つほどありました。

ただ残念なことに少し腐りかけていましたが
持って帰るとまだ大丈夫というので食べて
みます。

もう一つの写真は、天然のシイタケです。
5年ぐらい前に一度生えていましたが、
それからしばらく生えませんでした。

それが今年は気候のせいかびっしりと生え
ていました。

栽培とc0219482_17272588.jpgc0219482_17274244.jpg違って香りと味が濃厚です。
[PR]

by akitabussan | 2013-09-26 17:28 | きのこ
2012年 12月 03日

珍しいキノコ

 山に行くといろいろなキノコに出会います。

 色のきれいな毒キノコ。

 独特の歯ごたえと旨みのある食用キノコ。

 今回は、いろいろなキノコの中でも珍しい
 キノコを紹介します。

 写真左は、サンコタケというキノコですが、
 キノコは普通胞子により増えていきますが
 このキノコは匂いでハエなどの昆虫を呼び
 昆虫を介して増えていくそうです。

 匂いを嗅いでみると物凄い悪臭がします。

 写真右は、ヒメスッポンタケというキノコですが
 頭がスッポンのようになっていることから名づけられた
 ようです。c0219482_7415232.jpgc0219482_742764.jpg



 
[PR]

by akitabussan | 2012-12-03 07:43 | きのこ
2012年 11月 23日

エノキタケ

 キノコも本当に最後になりました。

こちらでは、ユキノシタと呼ばれる天然の
エノキタケですが、名前のとおり雪の下に
埋もれていながら腐ることはありません。

売られているエノキタケは、真っ白ですが
天然のエノキタケは、根こそ細いですが、
傘はナメコみたいに開きます。

甘みがあり味噌汁、醤油煮にするとすばらしい
味になります。

主に柳の風倒木に生え、雪の降る頃と春の雪解け
の頃に採ります。

場所によっては、ビニール袋一杯になることも
あります。c0219482_1227143.jpgc0219482_12271694.jpg
[PR]

by akitabussan | 2012-11-23 12:29 | きのこ
2012年 11月 19日

ムキタケ

 昨日、初雪が降りました。

キノコはまだ採れますが、採れる場所へは
もう入れなくなります。

キノコの最後は、ムキタケです。

ツルツルした食感を好む人も多く、このキノコも
人気のあるキノコです。

このキノコ、表面の薄い皮を剝いて食べるのでムキタケ
というそうですが、皮を剝かないで食べると少し苦い味が
します。

今年もこのキノコに似た「ツキヨタケ」(写真左)を食べ中毒
になった人がいましたが、小さい時は両方ともよく似ています。

見分ける方法ですが、ツキヨタケは石突のところを割って見ると
黒いところがありますがムキタケはありません。

どっちか判らないときは採らない方が無難です。c0219482_6444529.jpgc0219482_645146.jpg 
[PR]

by akitabussan | 2012-11-19 06:47 | きのこ
2012年 11月 11日

天然ナメコ

 そろそろキノコも終わりの時期を迎えました。

ナメコ、ムキタケでシーズンは終わりになります。

ナメコですが、去年2本の木にびっしりと生えていた
ものが、今年は3分の1ぐらいしか生えていませんでした。

この木は、もう2年ぐらいしか採れないかもしれません。

やはり5年ぐらい同じ木から採ると木が腐れて生えなく
c0219482_7204451.jpgc0219482_721443.jpgなるようです。

このナメコですが、栽培ものと比べると濃厚な味がします。

この前は、醤油で煮て、これに搾り大根を加えて食べました。

ナメコの味にビリッと辛い大根の味が加わり好評でした。
[PR]

by akitabussan | 2012-11-11 07:21 | きのこ
2012年 11月 04日

ギンダケ

 遅く生えるキノコもやはり2週間ぐらい遅れてやっと出てきました。

 我が家では、マイタケよりも珍重されるのがギンダケ(シモフリシメジ)です。

 きりたんぽには、以前はこのキノコしか入れませんでしたが、この頃はマイタケも
入れるようになりました。

 シメジですので、入れると味が全然違います。

 また、売っている値段も天然のマイタケと殆ど変わりません。

 このキノコ見つけるのが大変です。色がグレーで殆ど目立たずじっくり探さないと
なかなか見つかりません。
 
 県南の方では、コナラと呼んでいますが、このキノコはコナラの下に生え、マツタケと
同じくコナラの根と繋がり栽培はできないと言われています。

 もう一つのキノコ(写真右)は、アカキノコ、アカモダシなどといわれるクリタケです。

 このキノコも味噌汁に入れるとダシのでるc0219482_7365936.jpgc0219482_7371870.jpg
キノコで我が家では好評です。
[PR]

by akitabussan | 2012-11-04 07:39 | きのこ
2012年 10月 21日

サワモダシ大発生

 今年は、サワモダシ(ナラタケ)が近年にないぐらい
大発生しています。

 どこの沢に行っても採れるほどの大発生です。

 今回は、2回採りに行きましたが2回とも20kgずつ
採れた計算になります。

 昔は、塩漬けにして冬の保存食にしていましたが
今は殆どを缶詰にします。

 このきのこ、味噌汁、醤油煮、納豆汁などに入れて
食べますが、歯ざわりの良さと味の良さで人気が
あります。

 ただ食べ過ぎるとお腹を壊します。c0219482_7334511.jpgc0219482_734128.jpg

 今年大発生したので、多分来年は殆ど採れない
と予測しています。
[PR]

by akitabussan | 2012-10-21 07:35 | きのこ