秋田物産.comスタッフぶろぐ

st2445.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 04日

ギンダケ

 遅く生えるキノコもやはり2週間ぐらい遅れてやっと出てきました。

 我が家では、マイタケよりも珍重されるのがギンダケ(シモフリシメジ)です。

 きりたんぽには、以前はこのキノコしか入れませんでしたが、この頃はマイタケも
入れるようになりました。

 シメジですので、入れると味が全然違います。

 また、売っている値段も天然のマイタケと殆ど変わりません。

 このキノコ見つけるのが大変です。色がグレーで殆ど目立たずじっくり探さないと
なかなか見つかりません。
 
 県南の方では、コナラと呼んでいますが、このキノコはコナラの下に生え、マツタケと
同じくコナラの根と繋がり栽培はできないと言われています。

 もう一つのキノコ(写真右)は、アカキノコ、アカモダシなどといわれるクリタケです。

 このキノコも味噌汁に入れるとダシのでるc0219482_7365936.jpgc0219482_7371870.jpg
キノコで我が家では好評です。
[PR]

by akitabussan | 2012-11-04 07:39 | きのこ


<< 天然ナメコ      玉川周辺の紅葉 >>